top of page

クレーの絵

クレーの絵は小さな頃からなんとなく好きだった。大人になりファンタジックな絵面に反して論理が先行しているという事を知って少し驚いたけれど、抽象画を描く様になったからか痛いほどよく分かる。でも私の場合は論理は先ではなく、殆ど同時だ、と思う。それは論理とは言わないのか、、、どうなんだろう。

著書『造形思考』の中に妙に好きな水彩画が載っている。《六つの種類》と言う題名の絵。制作原理を読むと「美術教育の為の初歩的な課題の図」のようで、特に想像力を刺激される内容ではなく、題名の通りの6つの形そのまんまなのだけれど。なんとも楽しげ。


完成された作品よりもスケッチやメモ書きの方に惹かれるものが多い。

この絵はどこか日本的。

閲覧数:75回0件のコメント

最新記事

すべて表示

言葉からのつづき

偶然同じ時期に前のふたつの言葉に出会い、同じくらいの熱量で惹かれたので無謀にも同じところに並べてみた。どちらも本当にそうだと思ったのだけれど、悲しいことに「うーーーむ、、、と思った。」としか言葉では表現できなくて、だいぶ物足りないので何か描いてみたりする。 ふと数年前の自分の書いたものを読むと「先に言葉があると描きにくい」という様なことが書いてあった。「言葉が抽象的だと描きやすく、具象的だと描きに

Comments


bottom of page