top of page
  • 執筆者の写真出口朝子

線について

道具としてはシャーペンと鉛筆で線を引く。

シャーペンはSTAEDTLERの0.3mmで鉛筆はMITSUBISHI-UNIの3B。

色々使ってみて今のところこれで落ち着いている。 フリーハンドで描く線も好きだし定規の綺麗な線も好きだ。 丸くなった線もピンピンに削って鋭利な線も好き。 フリーハンドは気持ちが乗りやすい分遠くへ行けない。 定規は少し距離感がある分気持ちを遠くへ持って行きたい時に使う。 気持ちを遠くに、と言うのは音楽を聴いて気持ちを鼓舞させる感じに近いかもしれない。 気持ちを込めたりズラしたりを繰り返し、見たいものを見に行く。



アナログ画。

閲覧数:69回0件のコメント

最新記事

すべて表示

言葉からのつづき

偶然同じ時期に前のふたつの言葉に出会い、同じくらいの熱量で惹かれたので無謀にも同じところに並べてみた。どちらも本当にそうだと思ったのだけれど、悲しいことに「うーーーむ、、、と思った。」としか言葉では表現できなくて、だいぶ物足りないので何か描いてみたりする。 ふと数年前の自分の書いたものを読むと「先に言葉があると描きにくい」という様なことが書いてあった。「言葉が抽象的だと描きやすく、具象的だと描きに

Comments


bottom of page