• 出口朝子

言葉と思考

言葉と思考の関係に興味がある。幼児期の話し始める時期がかなり遅く、心配した親に病院に連れて行かれたくらいに、大人になってからも引き続き言葉に違和感を感じる事が多いこと、絵を描きたくなる経験からだと思う。自分では絵を描きながら「考えている」という感覚が近いと感じるけれど、ある認知科学の本に「言語を介さない思考というのは、言語を習得した人間には存在しない」と書いてあった。むむむ。と思いクレーの『造形思考』を読み出す。


それとはべつに母国語以外の言語を習熟すると自分の思考の壁を越えられる、ということが具体的にどんな感覚なのかとても知りたく思っていたところ、外国語が全く駄目な私でも有難い事に以下の『べつの言葉で』という本によってそれが少しだけ解った様な気がした。ベンガル語と英語が母語の作家が外国語のイタリア語で書いた初エッセイ。日本で生まれ育った私の言葉(日本語)に対する違和感と、著者のベンガル語、英語に対する違和感を感じる背景に共通点はないのだけれど、新しい言語を取り入れる事によって果敢に壁を乗り越えようとする過程を読むと不思議と絵を描く時の感じと重なるところもあり勇気づけられる。


冒頭の何気ない描写に心惹かれる。好きな言葉の数々。



表紙の写真は何だか軽やか。


97回の閲覧

最新記事

すべて表示

詩になる言葉

谷川俊太郎さんが本の対談で詩になる言葉について述べられたことが興味深かった。 “詩として成立する言葉と成立しない言葉があり、詩にならない言葉というのは「うるさい」。「わたしが、わたしが」と言い立てる詩は、どんなに切実であっても、うるさい。逆に、言葉が詩人の「わたし」から離れて、自立している言葉というのは、言葉自身が静かで響きが良い。” 気のせいかもしれないけれどとても分かる気がする。絵を描いていて

発表すること

作品を発表することについて改めて考えた。絵を描くのは単純に好きで描き続けているというのが根本にはあるのだけれど、それと発表することはまた別の話だ。あまり目立ちたいタイプでもなく、よく発表しているなと自分で感心している。 それに自分でも何故こんな絵を描いているのかも本当のところ分からない。一応言葉で型に入れてはいるけれど。分からないことを分かるためにやっている。分からないから面白くもある。 見てくれ

 © 2019 Asako Deguchi

Asako
Deguchi