top of page
  • 執筆者の写真出口朝子

道具のかたち

昨日はずっと気になっていた竹中大工道具館を訪れる。素朴な道具のかたちを見るのは面白い。木との対話、使う人との対話を繰り返しながら現れる形に感じ入る。古い道具は人に近いからか作った人の心が感じられる。

庭や建築、展示の見せ方等とても素敵な施設だった。




硬派な大工道具を柔らかなイラストで包む。

閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示

言葉からのつづき

偶然同じ時期に前のふたつの言葉に出会い、同じくらいの熱量で惹かれたので無謀にも同じところに並べてみた。どちらも本当にそうだと思ったのだけれど、悲しいことに「うーーーむ、、、と思った。」としか言葉では表現できなくて、だいぶ物足りないので何か描いてみたりする。 ふと数年前の自分の書いたものを読むと「先に言葉があると描きにくい」という様なことが書いてあった。「言葉が抽象的だと描きやすく、具象的だと描きに

bottom of page