top of page
  • 執筆者の写真出口朝子

日本的な

今年のお正月は明るいうちから日本酒を呑み、コタツで駅伝を観たりとなんだか昭和のお正月を満喫していた。テレビにも飽きた頃、なんとなく去年MIHO MUSEUMで購入した展覧会のカタログを眺めたくなった。

良寛の書画や安田靫彦の絵が沢山載っていて、良寛の書も安田靫彦もどちらも線が清らかで眺めていると心地良い。2008年の展覧会の図録で、実物を見たかったなぁと少し残念に思う。今まで安田靫彦はなんだか立派な額田王の絵のイメージが強くてあまり好みではなかったけれど、この本では線だけでさっと描いた白描が多く載っていてそれがとても素敵だった。



線だけでこの表現は凄い、、、



毎日眺めたいような、、、



ブックデザインもとっても素敵です。

閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

言葉からのつづき

偶然同じ時期に前のふたつの言葉に出会い、同じくらいの熱量で惹かれたので無謀にも同じところに並べてみた。どちらも本当にそうだと思ったのだけれど、悲しいことに「うーーーむ、、、と思った。」としか言葉では表現できなくて、だいぶ物足りないので何か描いてみたりする。 ふと数年前の自分の書いたものを読むと「先に言葉があると描きにくい」という様なことが書いてあった。「言葉が抽象的だと描きやすく、具象的だと描きに

Komentarze


bottom of page