• 出口朝子

「冬の散歩」

今回の展示はたまたま勧められて読んだヘンリー・ソローの随筆に着想を得た。ぱらぱらと読み進めると「冬の散歩」の章が妙に気になり出し、自然描写と神話が融合する不思議な世界にどんどん引き込まれていく。冬の空気、森や林や動物たちの生き生きとした様子、人里離れた暮らし、、、本の世界に入りたい欲望が湧き出して文字を目で追うだけでは物足りなくなり鉛筆で何か描き出してみる。


最初は風景みたいなものを描いてみるのだけれど何か違うと思う。挿絵が描きたいのではなく、その世界に入る手段というか強いて言えばそんな感じが近いような。線で始まってどこで終わるかを悩みつつ。



180年前くらいのアメリカ、マサチューセッツ州が舞台。

41回の閲覧

最新記事

すべて表示

詩になる言葉

谷川俊太郎さんが本の対談で詩になる言葉について述べられたことが興味深かった。 “詩として成立する言葉と成立しない言葉があり、詩にならない言葉というのは「うるさい」。「わたしが、わたしが」と言い立てる詩は、どんなに切実であっても、うるさい。逆に、言葉が詩人の「わたし」から離れて、自立している言葉というのは、言葉自身が静かで響きが良い。” 気のせいかもしれないけれどとても分かる気がする。絵を描いていて

発表すること

作品を発表することについて改めて考えた。絵を描くのは単純に好きで描き続けているというのが根本にはあるのだけれど、それと発表することはまた別の話だ。あまり目立ちたいタイプでもなく、よく発表しているなと自分で感心している。 それに自分でも何故こんな絵を描いているのかも本当のところ分からない。一応言葉で型に入れてはいるけれど。分からないことを分かるためにやっている。分からないから面白くもある。 見てくれ

 © 2019 Asako Deguchi

Asako
Deguchi